スポンサーリンク

ホクロ治療

顔のホクロを電気分解法で除去しました。

投稿日:2018年12月21日 更新日:

ついに顔のホクロを除去することに!

シミの治療が落ち着いたので(レーザートーニングは継続中)、ずっと取りたいと思っていたホクロをついに取ることにしました。

大きさは約4ミリほどで鼻のすぐ横にあります。

少しぷくっと盛り上がっていて薄い茶褐色をしています。

美容外科でホクロ除去の方法と説明を聞く

ホクロの除去は美容外科クリニックでしてもらうことにしました。

まずは無料カウンセリングを予約、当日は問診表の記入と看護師さんから簡単に説明を聞いた後は医師の診察です。

~ここからは医師とのやりとり~

先生
まずホクロを取る方法ですが、電気分解法と切縫法があります。

電気分解は電気メスでホクロを焼灼します。切縫法はホクロを切開して取り除き、縫合する方法です。

先生
電気分解法の場合は取ってすぐは擦り傷のような状態になります。患部にテープを貼って、すぐに洗顔やメイク(テープの上から)ができます。短時間ですぐに終わりますよ。

デメリットとしては、ホクロが深い場合、まれにですが治療が1回ですまない場合があること、それと除去した部分が少し凹みが残る場合があります。ボクも取りましたがココ、ちょっと凹んでるでしょ。あと多少、色素沈着が残る人もいます。

・・・と言って先生が自分のホクロを取った跡を見せてくれました。でもよく見ないとあまりわからない。私の水疱瘡の跡の方が凹んでるww

先生
切縫法はふつうの手術のようにホクロの周囲を切ってくり抜き、縫合します。約1週間後に抜糸します。切るので化膿する可能性があったり、抜糸に来てもらう必要があります。傷跡としては薄く線のように残る場合がありますがほとんど綺麗になります。
先生
ここまでで何か聞きたいことはありますか?
今、月に1回レーザートーニングをしていますが、続けても大丈夫でしょうか?
先生
トーニングをしている先生に判断してもらえばいいと思いますが、少しの間はそこの部分を避けてしてもらう感じかな。ただ、色素沈着を予防する意味でも施術した部分にレーザートーニングをするのはいいと思います。

先生のお話はこんな感じでした。

ホクロ除去の治療法は電気分解法と切縫法

電気分解法

〇5ミリ以下の小さめのホクロに適用
〇電気メスでホクロを焼き取る。
〇短時間で簡単にでき、患部にテープを貼れば直後から洗顔、メイクもOK
〇ホクロが深い場合、1度で取り切れない場合がある。
〇多少の凹みや色素沈着が残る場合がある。

切縫法

〇5ミリ以上の大きめのホクロに適用
〇ホクロの周りを切開し、くり抜いて縫合する
〇一週間後に抜糸
〇患部が化膿することもある
〇傷跡は細い線のようになる場合があるがほぼきれいになる

5ミリ以下の小さめなホクロの場合は手軽に取れて抜糸の手間もない電気分解法を選ぶ人がほとんどだとか。

たしかに縫合となると抜糸もあるしちょっとした手術のような感じがしますよね。

私の場合はほくろの大きさが4ミリ程度だったので、迷わず電気分解法でお願いしました。

電気分解法で治療後の注意事項

治療後の注意


〇洗顔、入浴はすぐにOK
〇一週間を目安に軟膏とテープで処置
〇紫外線ケアをしっかりする(日焼け止めクリーム+ルミキシルをすすめられました)
〇当日の長時間の入浴、アルコール、激しい運動などは注意

いよいよホクロ除去の施術へ

けっこう本格的な手術室のような場所へ移動。

ベットに横になっていると先生がやってきて、いよいよ始まります。

まずは麻酔の注射、ちょっとドキドキですw

手術用のライトが眩しい。。

ホクロ除去の痛みは?

麻酔の注射の針がホクロの辺りへ・・・麻酔薬が注入されます。

時間にするとあっという間だったと思いますが、これがけっこう痛くて長く感じました。

注射が終るとすぐに電気メスでホクロを焼いていきます。

メスが患部に当たる感覚はあるのですが、麻酔がしっかり効いているので痛みはまったくなし、よかった( ;∀;)

焦げたようななんともいえない匂い・・・肉を焼かれてる~ww

先生
浅いホクロなので1回で取れそうですよ

と先生。よかった(^-^;

そしてあっという間に終了、時間にすると麻酔の注射を含めてもたぶん3分?5分もかかってない。

ただ出血していたのでしばらく看護師さんが患部を押さえてくれていました。

その後、軟膏を塗ってテープを貼ってもらって終了です。

気になることがなければもう診察も不要だそうです。

麻酔が目の辺りまで効いていて瞬きがしにくいようなへんな感覚です。

ホクロ除去は麻酔の注射以外は痛みもまったくなくあっという間に終了。

ルビーレーザーで顔の大きなシミを取ったときよりずっと楽でした。

帰宅後の患部の状態

帰宅途中、駅でトイレによったらマスクに血が滲んでいてビックリ!

看護師さんがホクロの大きさに合わせて丸く小さめに切って貼ってくれたテープがずれて出血してました。

帰宅して患部を見てみると、、以下写真注意

 

 

 

かなり痛々しい・・・というか生々しい( ;∀;)

でも痛みはまったくありません。

軟膏をつけてテープを貼りなおしました。

ホクロ除去後のテープと軟膏の処置はいつまで?

ちなみにクリニックで渡されたテープはこちら。

3Mのマイクロポアサージカルテープ。

薄茶色で肌につけてもわりと目立ちにくいのですが、鼻の横なのでふつうにわかりますね。

それにテープの上からメイクをするのはやっぱり微妙な感じです。

軟膏とテープ交換の処置ですが、一週間を目安に治療した部位に新しい皮膚ができるまで続けるよう言われました。

テープは一応、毎日交換ですが、剥がしにくいときは無理に替えなくてもいいとのこと。

このテープは上から軟膏を塗布すれば浸透するそうです。

私はてっきりテープは早めに剥がして乾燥させた方がが傷の治りが早いのでは?なんて勝手に思っていたのですが、傷の保護のためにはどうやら一週間くらいは貼っておいた方がいいようです。

ホクロ除去3日目の状態

ほんの少し生々しさが減ってきた感じw

テープを貼ってる状態。

顔のすみっこなら目立ちにくいと思いますが、私の場合は鼻の横でほぼ顔の真ん中なのでふつうにわかりますw

まあ今の時期ならマスクで隠せるからいいか(^-^;

電気分解法でホクロ除去 まとめ

長年持っていて、頬の大きなシミの次に気になっていたホクロをついに取ることができました。

まだ取ったばかりで今後の状態をみないとわからない部分もありますが、取る前はシミのレーザー治療と同じで多少なりとも不安もあったのですが、終ってしまえば痛みもまったくなくあっという間で、本当にすっきりしました(・∀・)

クリニックではそのほかにキズの修復を補う効能のあるアミノ酸内服や日焼け止めクリーム、ルミキシルをすすめられました。

私はレーザートーニングを始めてからルミキシルとハイドロキノンを継続して使ってましたが、現在はルミキシルのみにしています。

こちらのクリニックのドクターにもルミキシルをかなりすすめられました。

効能の違いは多少はあるのですが、皮膚への負担が少なく美白効果の高いルミキシルは1年を通して継続したい美白クリームです。

またホクロ除去の経過を書いていきたいと思います(^^)v

※関連記事

-ホクロ治療

Copyright© ゆるりと。。 , 2019 All Rights Reserved.