スポンサーリンク

テニス肘 その他

テニス肘が治らない・・・鍼治療と電気治療を始めた。その効果は?

投稿日:2018年9月15日 更新日:

テニス肘が悪化して何もしなくても痛む

左肘に痛みを感じて整形外科に行ったのが4月。

レントゲンで異常はなく腕を動かしたりして痛みの状況からテニス肘と診断されました。

その時の記事はこちら

テニスしてないのにテニス肘なんてw

医師に言わせればテニス肘になる人でテニスしてない人はたくさんいる、むしろテニスしてない人の方が多いくらい・・・だそうです。

テニス肘は正確には上腕骨外側上顆炎、肘の腱鞘炎だそうです。

その時は痛みには注射が速攻で効くからと言われて注射をしてもらいました。

たしかにその時は注射が効いて、痛みは完全にではないもののかなりひきました。

そこから肘のストレッチとテニス肘用のバンドをして少し痛みを感じながらも普通に過ごすことができて、一ヶ月くらいたったと思います。

その頃からまただんだん痛みが再燃。

ついにはもうじっとしていてもかなりの痛み。

痛み止めの注射は結局、その場限りの対処療法だったの~?(;ω;)

注射以外の治療法を模索

ネットなどでテニス肘について調べると、痛み止めの注射(麻酔+ステロイド)は何度も繰り返すと組織が弱くなる可能性があるとのこと。

年齢も年齢だしこれ以上弱くなっても困るww

そこで少し時間がかかっても注射以外の方法はないものかと別の整形に行ってみました。

週2、3回の温熱療法と電気療法を始める

その整形の治療法は、

①ストレッチ
②リハビリ(温熱療法+電気療法 )
③バンドまたはテーピング
④注射
⑤手術

まずはストレッチとリハビリから始めて、改善されなければバンド、次に注射、それでもだめなら最終的に手術だそうです。

ただプロのスポーツ選手でもない限り、テニス肘で手術までする人はほとんどいないとのこと。

それと痛み止めの注射については、間隔をあけて2回、3回とすることで改善することもあるので、1回の注射で抑えられていた痛みが再発したからといってそれだけでは判断できないと言われました。

私の場合、ストレッチと肘のバンドはすでにしていたので、追加でするのは②のリハビリ(温熱療法・電気療法)だけ。

あとストレッチをもっと真面目にすることかww

そこで理学療法士にストレッチのやり方を指導してもらいそれを毎日家で行うこと、それとリハビリに週2、3回通うことになりました。

リハビリの内容は、

●温熱療法→極超短波(MW:マイクロウェーブ)・・・体の深部から温めて血流改善、痛みを緩和
●電気療法→低周波治療・・・体の表層の組織を刺激して血流改善、痛みを緩和

それと、なるべく腕を使わないようにと言われました。

それがいちばん難しいw

温熱療法と電気治療の効果は?

家ではしっかりストレッチをして、週に2、3回はリハビリに通い始めて一ヶ月以上がたちました。

効果は・・・

わからないw

いや、かわらない(;ω;)

結果を急ぎすぎなのかなと思いつつも、ちょっと物を持つのも車のギアを入れるのも痛いのでもう注射してもらおうかと思ったり。

友達からは”温熱療法なんてお風呂に入るのと同じよー笑”なんてオソロシー囁きが・・・Σ(゚д゚lll)

ついに鍼治療を始める

ストレッチとリハビリにほとんど効果を感じられないまま時間だけが過ぎていき・・・

そんなとき、友人が膝痛で鍼治療に通っていてよくなってきたという話しを聞きました。

鍼・・・やったことない

思い立ったが吉日??近所に鍼灸院があるではないですかヽ(;▽;)ノ

で、さっそく鍼治療を始めることにしました。

初めての鍼治療、鍼治療は痛い??

治療の前に症状や治療についての説明をひととおり聞いて、さっそく治療を開始。

”治療に使う鍼は髪の毛ほどの細さなので注射を打つときのような痛みはありません”

”毛穴や硬くなっている筋肉に入ったときに痛みを感じることがあるのでそのときは別の場所に変えるので言ってください”

治療を始める前にこれだけ言われました。

顔にタオルをかけてるので実際には見えないのですが、皮膚に鍼を置いてトントンと軽く叩いて刺していくのがわかります。

最初は無痛ではないもののふーん、こんなもんか・・・と余裕だったのですが、しばらくして

痛っ!!

なんともいやーなツーンとした痛みが(>_<)

これは我慢した方がいいのか言った方いいのか3秒ほど?葛藤したあと、

今のとこ痛いんですけど(;ω;)

と言ってみました。

”あ、毛穴に入ったのかもしれませんねー。ちょっと抜いちゃいますね”

といって別の場所に刺し変えましたww

でもそのあとも、もしや毛穴ねらってない?(;▽;)・・・っていうくらいけっこう痛かったです。

ツーンだけでなくズーンと重く響くようないやな感じもあって、初めての鍼治療はけっこうつらい感じで終わりました。

鍼治療の好転反応

鍼治療後は、倦怠感や症状の増強、頭痛などの症状がでたりすることがあるようで、これを好転反応というそうです。

好転反応は、治療の効果が現れる状態でもあるとのことなので心配はいらないとのこと。

私はこの好転反応もしっかり出て、治療をした日は腕が重く感じたりだるい感じがありました。

鍼治療の治療間隔と頻度、効果が現れるまでの期間は?

私の場合、発症が4月くらいですでに時間がたっているのと今現在の痛みも強いので、鍼治療の効果についてもそれなりに時間が必要になる可能性が高いと言われました。

勧められた治療頻度は、

最初のうちは週に2回くらい、治療前に15分くらいのマッサージをして患部をほぐしてから治療する。

治療の効果が出て痛みが軽減されてきたら治療間隔をすこしずつ開けていく。

こんな感じです。

週に2回もあの苦手な痛みの鍼治療をしなくてはいけないとは(;ω;)

でも痛みをほとんど感じない人も多いようなのでこれは個人差が大きそうです。

まとめ

初めての鍼治療をしてみて、一回の治療で痛みが軽くなってくれたらという期待もあったのですが、残念ながらそれはなかったです。

ただそれでも今のところ3回の治療が終わった時点で腕を伸ばした時の痛みが少し軽くなってきた感じがあります。

これはもしや少しずつ改善に向かっているのかも?

今は整形で電気治療もして家ではストレッチ、寝るとき以外はバンドもしてなるべく肘に負担をかけないようにしています。

現時点では劇的に良くなっているとまではいえませんが、それでも少しずつ痛みが軽くなってきている感覚はあります。

 

私の場合は発症から痛みが長引いている分、治るのにも時間がかかる可能性が高いと言われているので、気長に治療を続けて様子を見ていくしかなさそうです。

また治療経過を書いてみたいと思います。

一眼レフカメラでまさかの肘の腱鞘炎・・・?テニス肘になりましたww

目次1 左肘の外側の痛みで整形外科へ2 一眼レフカメラが原因のテニス肘(上腕骨外側上顆炎)3 テニス肘の治療法と予防3.1 テニス肘の注射はけっこう痛いw3.2 予防は腕、手首のストレッチ4 一眼レフ ...

テニス肘がかなり良くなってきました 10月7日追記

先月の中旬ごろに3回目の鍼治療をして以降、家でのストレッチのみで過ごしていましたが、かなりよくなってきました。

何もしなくても痛みがあったのが今はテニス肘用のバンドはしなくても済むようになり、普通にしていればほとんど痛みは感じません。

腕を伸ばして力を入れるとまだ少し痛みがありますが、かなりの進歩です(・∀・)

これまでテニス肘用バンドをしながら、鍼治療と整形の電気療法、ストレッチをやってきました。

どの治療がよかったのかは一概には言えませんし、複数の治療を併用したのがよかったのかもしれません。

ただ家でのストレッチをきちんと続けることはかなり効果的だったように思います。

4月に痛みが出てから注射でいったん痛みはひいた後の再発だったので、本当によくなるのか不安だったのですが、ここまで回復できて本当によかった(;▽;)

まだ少し痛みはあるので、また酷くならないように毎日のストレッチはしっかり続けていこうと思います。

-テニス肘, その他

Copyright© ゆるりと。。 , 2018 All Rights Reserved.