スポンサーリンク

珪藻土 キッチングッズ お買い物

ニトリの珪藻土バスマットをキッチンの水切りマットとして使ってみた。

投稿日:

今まで水切りマットとして使ってきたもの

キッチンの水切りカゴを使わなくなってからキッチン周りがずいぶんスッキリしました。

ただ、いままで水切りカゴの代わりにいろいろなものを試してきたのですが、性能だけを考えれば水切りカゴより満足度の高いものはなかなか見つからなかったんですよね。

水切りカゴを処分してから今まで食器の水切り用として使ってきたものでそこそこ使えたものをあげてみると・・・

水切りドレーナー

こちらはアマゾンで購入した水切りドレーナー

カゴタイプではなくトレータイプなので見た目はスッキリしています。

水が流れる溝の部分だけ傾斜になっているので、食器から出た水は先端についている排水穴からシンクに排水できる仕組み。

シンクの横に置けない場合でも、止水栓がついてるのでそのままトレーとして使うこともできます。

使用後は立てかけて自然乾燥。

あまりたくさんの食器だとのりませんが、ちょうどシンク横に収まったのでこれはこれでけっこう使えました。

ただ思ったよりも汚れやすくて、溝の部分に水垢がつくのでマメに洗う必要があってそれがちょっと面倒だった。

あとやっぱりスッキリ感もいまひとつな感じ。。

スポンジワイプ

次にスポンジワイプ。

スポンジワイプはフキン用やちょっとした水切りなどに重宝しています。

これはニトリで購入。

大きさもちょうどよかったのでしばらく使ってたのですが、スポンジワイプは乾燥すると形がイビツになるので濡らさないと使えません。

乾燥するとこんな感じに曲がってカラカラになりますw

スポンジワイプは柄も大きさも豊富で可愛いのがたくさんあるので、ムーミンシリーズなどはいくつか揃えて今も使ってます。

汚れても洗えば落ちるし、カビが生えても漂白すれば綺麗になります。

一人分の洗い上げた食器などにちょっと使うのには便利なんですけどね。

ただ、メインの水切りとしてはどうかなと。

濡れたものを乾燥させるための水切りなのに、わざわざ濡らして絞らないと使えないってw

トレーやスポンジワイプ以外にも布製の吸水マットなども使いましたが、布製はやっぱり乾きにくかったりカビが生えやすかったです。

ニトリのバスマットがキッチン用に使えそう

珪藻土の水切りマットはけっこう前に候補にあがったのですが、ネットで探すと珪藻土のキッチン用は大きすぎたり小さすぎたりでなかなか我が家のキッチンスペースにピッタリのものが見つかりませんでした。

ちなみにグラスホルダーの下に敷いてるのはA4サイズの珪藻土。

グラスから落ちる水があっという間に乾いてすごく重宝してます。

ネットではキッチン用の珪藻土はこのA4サイズが多いですね。

でもこれより大きめのが意外に見つかりませんでした。

そんな時、珪藻土のバスマットの小さいサイズをニトリで発見。

この大きさならいけるかも・・・と思い測ってみたらジャストサイズでした。

大きい方のサイズはバスマットとして使っていたので性能は確認済。

さっそく小さいサイズを購入してキッチンのスペースに置いてみました。

おお!ピッタリでいい感じ。

ニトリの珪藻土は色もホワイトに近いので清潔感もあってキッチンにも合います。

口コミを見てると珪藻土のバスマットをキッチン用に使っている人もいるようですね。

探してたわりに気づくの遅い(^_^;)

使い終わったら立てかけておけばすぐに乾きます。

立てかけたままでもスッキリとしてこのスペースに自然に馴染んでいる感じ。

これだけで置ききれないものはスポンジワイプを使ってます。

お値段も1000円以下とお手頃価格なので汚れたり吸水性がわるくなったら買い換えも気楽にできますね。

まとめ

我が家のキッチンはオープンタイプなのでなるべくキッチンにものを置かないようにしてます。

水切りかごをやめてさらにこの珪藻土を置くようになってかなりスッキリしました。

使い始めて一ヶ月ほどたちましたがまだまだピカピカです。

大きめサイズの珪藻土バスマットの方はもうかなり長く使っていて、いまのところ吸水性も落ちていないので汚れがひどくならなければけっこう長持ちするかも?

バスマット用ですが、サイズが合えばキッチン用としてもおすすめです。

これでようやく水切りマット探しは収束しそうです。

なかなかいいお買い物ができました(・∀・)

スポンサーリンク


スポンサーリンク


-珪藻土, キッチングッズ, お買い物

Copyright© ゆるりと。。 , 2018 All Rights Reserved.