スポンサーリンク

花火大会 お出かけスポット(旅行・写真)

今年初の花火は江東花火大会、河川敷から見る花火は大迫力でした!

投稿日:

8月1日、今年初の花火大会に行ってきました(*゚▽゚*)

去年は計画していた花火大会がことごとく雨にやられて、今年も行こうと思っていた昭和記念公園の花火は台風で中止。

ようやく一眼レフカメラを持って花火に行けました。

江東花火大会の場所は?

場所は東京メトロ東西線の南砂町から徒歩で約15分ほどの、荒川・砂町水辺公園前になります。

打ち上げは19:40~20:30、約4,000発の花火が打ち上げられます。

川の中程の台船から打ち上げられます。

これは午後7時少し前の会場の様子。

この時間になるとかなり人も増えてトイレには長蛇の列ができています。

たくさんの屋形船が見えます。

橋の奥にも次々にやってきてました。

打ち上げ場所から観覧する河川敷までは約150メートルとかなり近く、好きな場所にシートを敷くことができます。

平日ということもあって到着した午後5時頃はまだまだ余裕がある感じでしたが、午後7時くらいになると河川敷は人で埋め尽くされていました。

河川敷の上の方に場所を確保できました。

いよいよ花火の打ち上げ

おぉ~近い!!

初めての花火撮影にワクワクです(*゚▽゚*)

カメラはいつもの9000Dに標準レンズ1本(18-135)。

三脚+レリーズ使用。

かなり近いのでほとんど広角側で撮ってました。

途中でピントの確認。

シャッターのタイミングも難しいです。

ちょっと長くシャッターを開けすぎると白飛びしてしまいます。

でも短すぎると寂しいし(^_^;)

レリーズを握る手に力が入ります(^_^;)

ビール・・・ではなくお茶を片手に必死に撮ってました。

やっぱり花火大会はいいですね~(≡^∇^≡)

屋形船の灯もきれいだったんですが、花火に夢中で撮り忘れてました。

こんな落ち着いた色も悪くないですね。

まとめ

一眼レフを使って花火を撮るのは初めてでしたがかなり楽しめました。

けっこう適当なタイミングでシャッターを押したり離したり。。

これならビール片手でもなんとかなりそう( ̄▽ ̄;)

平日開催なので場所取りがしやすい?・・・でもやっぱり帰りはツライ

それと平日開催の花火大会ということもあって、観覧席が埋まるのがかなり遅かった感じがします。

少し早めに来れればそこそこ見やすい場所が取れるのが平日開催のいいところかもしれませんね。

ただそれでも昨年の人出は約30万人というだけあって、帰りはかなり大変でした。

まず河川敷から駅に向かう道路まで降りるのにかなり時間がかかりました。

さらに南砂町の駅では入場規制も。

蒸し風呂のような暑さのなか帰りはけっこう辛いものがありました(;´д`)

私は家から遠かったということもあって家にたどり着くまでが長かったw

職場や自宅から近くてちょっと早めに場所取りができるという方にはおすすめの花火大会だと思います!

スポンサーリンク


スポンサーリンク


-花火大会, お出かけスポット(旅行・写真)

Copyright© ゆるりと。。 , 2018 All Rights Reserved.